いつも何かがちょうどいい

ロードバイクでのツーリング記録やダムダム団活動など、ぽつぽつ書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dmixiチェック

丹波篠山ダムポタ

9/20(金)は、ちょっと遅れた夏休みを頂いて四連休♪の初日として、ひとりで三宝ダムを目指して
ポタポタしてきました






いつもどおり武庫側CRから十万辻で三田方面へ北上します


先週の台風の影響で武庫川CRが砂場と化してました
上流から土砂を含んだ水が大量に流れ込んだんでしょうね

20130920_084359+1.jpg



20130920_084342.jpg



台風直後の水量はすごかったですもんね。下の写真は武庫川大橋

ZSXwf.jpg



十万辻でちょっと追い込んで、青野ダムへ

コーラ休憩だけして先に進もうかと思いましたが、なんとなくダム方面が気になったので近くまで行くと
自然魚道の期間限定公開してました

20130920_104058+1.jpg



ここからは係員の人に案内してもらいました♪

この魚道というのは、ダムの放流によって下流側に流されてしまった魚たちを上流側へ戻すための
魚のための通路なのです

多自然型魚道は日本でもココだけらしいです


魚道用のゲートの開閉によって水流をコントロールして魚が戻れるようにしています♪

20130920_102933+1.jpg



20130920_102936+1.jpg



これが魚道

20130920_103003+1.jpg




魚道には水族館もあります
台風の影響で水がにごってました。普段は魚が上流側へ泳いで行くのが見えるそうです


20130920_103235+1.jpg



20130920_103226.jpg



魚道の全体構成

20130920_103757.jpg



そして、案内してもらって一番うれしかったのがこれ、青野ダム正面!!

青野ダムは下流側を開放してないので、こんなときにしか見れないのです( *´艸`)

気がついて見に来てよかった~


20130920_103155.jpg




と、ここでかなりの時間道草くったのでペースアップ


丹波土木事務所でカードを先にもらって三宝ダムを目指します


土木事務所手前にあった柏原藩陣屋跡

時間が無かったので正面からだけでパス、また今度ね


20130920_122433+1.jpg



20130920_122533.jpg



20130920_122538.jpg



20130920_122550.jpg



ひたすら三宝ダムを目指します


やや登り・・・

ちょっと向かい風・・・

変わらない景色・・・


最初の30分は「ええとこやなぁ~」と思いながら走ってましたが、あとは精神修行のようでした(;´Д`)


20130920_130535.jpg



20130920_130954+1.jpg



ここまでまともな補給もせずに突っ走ってきたのでここでハンガノック、脚もチーン


そんなときにやっとこさ見えてきました三宝ダム


20130920_132250+1.jpg




やっと一息


20130920_132402+1.jpg



ダムカードとも一緒に


20130920_132550+1.jpg



近くからも

淡路島の大日ダムに良く似てますね

20130920_133042.jpg



帰り道に建設中の西紀ダムもありました

これも良く似てますね
堤高は低く、幅広で分厚そう


20130920_141151.jpg


これでまた洪水、治水に役立つのでしょう



ところでこの土地、分水界として日本でも珍しいとこだそうです
地図と解説を見るとなるほど!となります

川の流れをたどって走るのも楽しそうですね!


20130920_140857+1.jpg



20130920_140803+1.jpg



帰りはへろっへろになりながらとぼとぼと来た道を折り返して帰りました

一人で丹波篠山を散策するのは、ちとしんどかったです

まっちゃんと飯を食えということですね!

ちなみにこの日の食事
・コンビニおにぎり×2
・薄皮アンパン×1
・クリームパン×1
・コーラ×1㍑
・水


<走行データ>
距離:169.41 km
タイム:6:34:54
平均スピード:25.7 km/h
高度上昇値:1,386 m
スポンサーサイト
dmixiチェック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。